Now Loading...

Water

家中、全ての水に安全と安心を。ランニングコストも心配いりません。

水にこだわる理由

現在、日本の水道技術は世界でもトップクラスで、水を浄化する施設や各家庭に水を送り届ける施設が全国に広く整備されてる国のひとつです。しかし、厳格に管理されているからといって、水質に問題がないとは必ずしも言い切れません。

その理由が、「残留塩素」や「トリハロメタン」の問題です。

水道水は、殺菌消毒するために浄水処理の過程で塩素系の薬剤が投入されます。その塩素は、各家庭に届くまでの間に殺菌作用によって減少していきますが、「残留塩素」とは、蛇口から出た水に塩素がまだ残っている状態をいいます。もちろん投入されている塩素の量は、厳格に管理されていますが、各家庭で蛇口をひねった時に出る水の塩素濃度までは管理できていないのが実情です。

また、トリハロメタンは塩素消毒する際に発生する副生成物であり、発ガン性物質であることが広く知られています。水道水自体にもトリハロメタンは含まれているのですが、残留塩素入りの水を加熱することで一気に増加するといわれています。

水は命の源であり、生活に欠かすことができません。だからこそ、マクロビオティック住宅では、水にまでこだわる必要があると考えています。

身体への影響

残留塩素

では、殺菌消毒に使われる塩素を日常的に摂取すると、私たちの身体にどのような影響を与えるのでしょうか。

東京医科歯科大学の藤田紘一郎教授の著書「体をつくる水、壊す水」によると、一番問題視されているのは、腸に共生する腸内細菌の減少を招くことだと言われています。

腸内細菌は、人間の免疫機能を高める役割を担っており、そのお陰で、病気や老化を防ぎ若々しさを保てるようになっていますが、塩素が身体に取り込まれることで、これら腸内細菌が減少し、免疫力を弱め、健康を損なう結果を招いていることが指摘されています。

トリハロメタン

トリハロメタンは、水中の有機物質と消毒剤の塩素が反応して生成される副生成物の総称で、主にクロロホルム、ブロモジクロロメタン、ジブロモクロロメタン、ブロモホルムという物質で構成されています。これらの物質は本来自然界に存在せず、発ガン性物質であることが広く知られています。

また、水道水に含まれる塩素は、沸騰するとトリハロメタンに変化してしまい、水の状態に比べて何倍にも増えてしまうため、沸騰によって塩素を飛ばしてしまおうと考えている方は注意が必要です。

セントラル浄水器の導入

セントラル浄水器とは、蛇口に取り付ける浄水器とは違い、自宅の敷地に引き込んでいる水道管に直接接続し、家全体の水を綺麗にする仕組みをつくることができる画期的な浄水器です。

これまでは、各蛇口に取り付ける浄水器だった為、浄水器を取り付けしていない、洗面所やお風呂、シャワー、トイレのウォシュレットなどは気にはしつつも、そこまで対応すると非常にコストがかかる状況でした。

そこで、登場したのがセントラル浄水器です。

セントラル浄水器は、水道管に直接接続するため、各蛇口に浄水器を取り付ける必要が一切ありません。しかも、月々3,000円~のコストでメンテナンススタッフが定期的に訪問し、フィルタを新しいものに交換してくれるので、それぞれの蛇口に浄水器を取り付けるより、安く、簡単に維持管理をおこなうことができます。

about_all_illust

Contact Us

ウェブのフォーム、または下記電話番号からお問い合わせください。 092-586-7658

Instagram

Organizer

株式会社福岡工務店 〒811-1314 福岡県福岡市南区的場2丁目36-1  【Googleマップ】 TEL : 092-586-7658 ・ FAX : 092-586-7659 ・ Mail : info@fukuoka-k.jp

supported by

一般社団法人福岡県助産師会 〒810-0014 福岡県福岡市平尾1丁目3-41  【Googleマップ

TO TOP